FC2ブログ
自分の日記代わりに書いています
プロフィール

sola.sola

Author:sola.sola
ある時はダンサー、ある時はスクラップブッキングの講師、ある時は秘書。人よんで、嫁にいけない器用貧乏のsola

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
楽天Books

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
またまた行ってきました。なんば新歌舞伎座。

梅沢富美男さん、武生さん、前川清さん

昨年も観に行きましたが、おもしろいですねー。

200806_01_up.jpg

第一部のお芝居は前川さんと梅沢富美男さんのからみがおもしろいのぉ~!!

第二部の歌謡ショーは前川さんの歌もいいのですが、やっぱり梅沢富美男さんの

夢芝居 は、最高ですね 大好きです、この歌♪

第三部の舞踊ショーはil||li _| ̄|● il||li ・・・・・・・・

ん~・・・・これはどうかな~構成、演出が古いです。そして、意味が分かりません。

そして、派手な衣装だけが印象に残ります。


こういうもんなんでしょうか???




そんなこんなで、ショーが終わり、最後に粗品(てぬぐい)を投げてくれるのですが、初めてGETすることができましたそれがコレ↓↓↓
0127 008

0127 009

0127 010

トホホ  ほんとに記念品だ
もうちと、かっこよいデザインにしたほうがよくない?
この辺の趣味のなさがショーにもでているような・・・・



ちなみに梅沢武生さんは70歳なのですが昨年、肝臓がんの手術をして、20kgも痩せたそうです。一ヵ月半で退院し、復帰したそうです。病床でも舞台の構成を考えていたそうです。

手術もせず無茶をしていたのでお医者さんに「舞台と命とどっちが大事なんですか?」と聞かれ「舞台です!」と即答したそうです。さすがは舞台人!!

その気力でがんも克服されたのではないでしょうか。

来年、上本町に歌舞伎座が移転しますが、また梅沢兄弟&前川コンビの舞台を観に行きたいと思いました。



スポンサーサイト
カテゴリにも「新歌舞伎座」を入れてるくらい、私の中で歌舞伎座率高いです。

というのも、チケットをいつも戴くので、せっかくだから観に行こうということです。

ダンスとか、芝居とかやってなかったら、絶対観に行ってなかったと思う。

プロのものを見るのは何事も勉強です。


しかし、来年この難波「新歌舞伎座」がなくなるのです。

けっこう外観とかすきだったのになー。上本町に移転するそうです。

なので内部の写真をちと、撮らせていただきました。
外観はまた後日。

 1027 002

1027 006 1027 007
1027 003 1027 004

あまりキレイな写真ではありませんが、こんな感じです。

ちなみに今回は杉良太郎・山本譲二・山川豊

1028 002


杉様はやっぱり上手いですね。

芝居の途中で「スギ!」とタイミングよく掛け声が入るのが、なかなかよかった。


この日は「塩じぃ」塩川正十郎さんが普通に観に来てました。
今回は 舟木一夫さん


200808_01.jpg 200808_02.jpg

第一部のお芝居は、おなじみ梅川と忠兵衛のお話。池畑慎之介さんが梅川役でした。まじめなお芝居でよかったと思います。

第二部の歌謡ショーでは、ファンの方が舞台の下までプレゼントを持っていくのですが、これが尋常じゃない数。今まで見てきた中で一番多いと思います。五木ひろしさんより断然多いよ!

そして、テンポのいい曲になると、おば様方が総立ちで大盛り上がり!!

恐るべし舟木一夫ヾ(;;゚Д゚)ノ

先日行った高橋和也と前田耕陽(MIDNIGHT ANGEL)のライブと同じくらいの感じ。(ちなみに、知人が耕陽くんと知り合いだったので付き合いで行きました。)
今回は梅沢富美男前川清        

1.jpg



不覚にも大爆笑してしまった

まじめなお芝居なのに、笑わせてくれて梅沢富美男うまいわ~前川清もなかなかです。


来年、ここ、なんば新歌舞伎座がなくなります。外観とか好きだったのになー。

上本町の近鉄劇場に移るみたいだけど・・・

あと何回歌舞伎座にいくことができるんだろう・・・




帰り道からその日、寝るまでの間、頭の中で「夢芝居」♪と「長崎は今日も雨だった」♪がぐるぐると回っていました

恋のか~らくり夢芝居~・・・・・♪

・・・・・・・・・・・・・・・・

恋はいーつでも、初舞台♪



歌舞伎座に通う理由はこちら







いつも無料券を頂くので、まだ三十代前半なのにいつも、おばちゃん達にまぎれて観にいく私です。

今回は中村美津子さんと中条きよしさん。

前半はお芝居です。最初はあまり興味がなかったのでウトウトとしてしまいました。

後ろのおじさんにいたってはイビキをかいて寝ていました。

内容は古典的なので分かりやすかったです。

200801_01.jpg



後半は歌謡ショー♪

中村美津子といえば 河内男節 

私は若い頃から古いものが好きで、三船敏郎やビートルズ、70年代ディスコ時代、邦画、洋画にかかわらず

古きよきものが大好きでした。時代的にいえば「河内男節」も私は知らないはずなのですが・・・

この曲は以前バイトをしていた料亭で覚えました。お客様はおっちゃんやおじいちゃんなので

カラオケは演歌やムード歌謡ばかり、まったく何を歌っているのか分からない状態でした。

しかし、えらいもんで3年もいるとすっかり歌詞まで覚えるようになりました。河内男節もそうです。

しかもこのカラオケが始まると仲居は踊らなければなりません!!

もともとダンスが好きな私は抵抗なく踊れましたがバイト仲間は嫌がってました。

これをするとおっちゃん&おじいちゃん達は盛り上がって喜ぶのです

なので私はけっこうこの曲には思い入れがあって、すきなのです。

舞台も居眠りしたし、他の曲の時はぜんぜん聞いてなかったのに河内男節のときは

歌いながら手拍子までしてノリノリでした。なんだったら踊りたかったよー( ^∀^)

今年初の新歌舞伎座公演でした。


追記:何度となく歌舞伎座にいって私ですが、いつも出演されている脇役の方がいます。
    曽我廼家寛太郎。そがのやかんたろうさんとお読みするのでしょうか?なかなかの
    名脇役で大好きです。
// HOME // NEXT