FC2ブログ
自分の日記代わりに書いています
プロフィール

sola.sola

Author:sola.sola
ある時はダンサー、ある時はスクラップブッキングの講師、ある時は秘書。人よんで、嫁にいけない器用貧乏のsola

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
楽天Books

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
二年前から、一度聞いてみたいと思っていた、桂かい枝さんの英語落語。

いつも行く落語会でかい枝さんのも出演されるとのことでワクワクしたことがあったのですが、英語落語はふさわしくない年齢層のお客様が大半だったのでこのときは普通の落語をされました。

せっかくかい枝さんの落語をきけたけど、英語じゃなかったことにがっかりしていました。

先日、繁昌亭のHPを見ていると、夏休み特別企画でなんと英語落語会があるではありませんか!

これは見に行かなければ!!

と思ったのですが、なんと平日

ガーーーン

でもでも、どーーーしても見に行きたかったので

有給休暇とっちゃいましたーーーー

やっと、やっと、かい枝さんの英語落語が見れるーーーーー

テンション上がりまくりのsolaさん






最初、世界中で落語をした時の話や英語交じりの小話をされ、引き続き「手水廻し」をされました。

その後は、ダイアン吉日(イギリス人女性)の英語落語

その後は、「お囃子」の紹介。どんな楽器を使ってるだの、開場のときのお囃子はこんなの、春團治さんが舞台に出る時のお囃子とか、落語初心者にはとても分かりやすく楽しかったです。

トリはかい枝さんの「動物園」。もちろん全部英語。

中学生でも充分わかる英語です。(私は中学1年程度の実力ですが・・・^^;)

こんな盛りだくさんの内容でしかも英語の聞き取りの勉強にもなり、なおかつ楽しかったのに2,000円は安い!!

もっともっと英語落語を聞きたくなりました。

かい枝さん、もっと色んなところで公演してくださーーい。

それからもっと外国人の方にも聞いていただきたいと思いました。



スポンサーサイト

久しぶりに「繁昌亭」へ行って来ました。


桂きん枝生誕60年を笑う会


出演者は大の仲良しの月亭八方さんと三遊亭円楽さんと桂文華さん。

初めて江戸落語(?)を聞きました。

早口なので、てやんでぇ口調がどうも聞き取りにくく

東京の人が大阪人が早口でしゃべると何て言ってるかわからない

という気持ちが少し分かりました。

話の内容は十分にわかりましたが、語尾がやはり聞き取りにくかったかな。

で、落語とは関係ないですが、円楽さん


ダンディ 


テレビではさほど思わなかったですが、実物はかっこよかったです。あは


次回は桂かい枝さんの英語落語を聞きに行きたいと思いま~す



先日、月亭会「二人会 八方&方正」に行ってきました。

ダンス仲間のMさんが落語好きだということなのでお誘いしました。

この方も彦八祭りでエキサイトしてしまう方です。

(落語好きの方は彦八祭りにかなり興奮するそうです^^;)


お二人のネタをする前に末っ子弟子の八斗(はっと)さんの落語でしたが
なんせまだお弟子さんになられて間がないものですから
途中でネタを忘れてしまい、こちらがドキドキしました
なんとか思い出し再開し、最後までやり遂げました。
頑張れ八斗!!


さて、今回お二人のネタはどちらも初めてされるお題だったそうですが、山崎邦正さんは

めちゃめちゃおもしろかったです!!

あの、「間」の取りかた、観客の心をグッと掴みます。

お腹をかかえて笑いました。


最高の落語会だったのですが、ひとつだけ残念なことが・・・

子供さんの声が気になる・・・・・

落語は観るものではなく聞くもの。

やはり雑音は気になります。



そんなこんなで落語会を終え、スタッフの方々と打ち上げに行きました。

打ち上げの場所はハイヒールモモコさんの旦那様、小林君のお店。

萩屋本場所

ここで、小林さんにストラップを頂きました。ありがとうございます。

10011.jpg







<今回勉強になった言葉>

手水(ちょうず)をまわす

※説明が下手なので、どなたか説明お願いしますm(_ _)m

彦八祭りとは・・・・

彦八まつりは、大阪落語の始祖・米沢彦八の名を後世に残すために、彦八が活躍した生國魂神社の境内に平成2年『彦八の碑』を建立した事が始まりです。 翌年より、その碑を上方落語の象徴として年に一度上方落語家が一堂に会し、上方落語ファンをはじめ一般の方々と交流を深め、大阪の伝統芸能として身近な上方落語を広くアピールし、その更なる発展と後世への継承を目的として【彦八まつり】は開催されて来ました。毎年《落語家おもしろ屋台》《種々の芸能の奉納》等で境内は賑わいます。“年に一度の落語家によるファン感謝デー”です。



ということで、知り合いが屋台を手伝っているので、遊びにいくことに。

落語家さんたちがたくさんウロウロとしていて、なかなか盛況でした。

夏祭りみたいな感じで、金魚すくいや、わたがし、やきそば、イカ焼きなどあります。

それぞれのブースに落語家さんの名前が書いてあり、その落語家さんが自ら作ったり、売ったりと普段見られない一面が見れます。

そんなこんなで、私は友人と立ち話をしていたら、私の腕に男性の腕が当たりました。

確かに混雑はしているけど、そんなにすし詰め状態でもない。

不注意でぶつかったのだろうとその男性をちらりと見ました。

心の中で「気をつけろや!」とつぶやきながら・・・・・

ちなみに、私はノースリーブだったので、おっさんの生腕に当たって気持ち悪かった!

そして、しばらくすると、私のお尻に何かが当たった。

まあ、混雑しているので人や物が当たるのだろうと思い、視線を上げると

なんと、先ほどのおっさん!!

こいつ!!さっきから、わざと触ってやがる!!

チカンや!!!

許せなかったので私は鬼の形相でギロリとにらみました。

そして、目が合いました。

おそらく、ヤバイ気づかれたと思ったのでしょう。

チラチラと私の方を見ながら、去って行きました。

ほんとにもーせっかくの楽しいお祭りが台無しだよーー




とまあ、こんなことがありながらも、ウダウダと居てました。

夕方から、何組かのバンドが(もちろん落語家さんの)演奏してたので、見てました。例の桂雀三郎withまんぷくブラザースの 「ヨーデル食べ放題」もやってて、なかなか楽しかった。

引き続き、上方落語バンド「ヒロポンズ・ハイ」(初めて知りました。)そこへ大西ユカリさんが飛び入りゲストで歌ってくれました。正直演奏は上手くないのですが(リズムがキープできていない^^;)、その演奏で歌えるユカリさんは凄い。

09091 004
大西ユカリさん、桂あやめさん、月亭遊方さん



そんなこんなの彦八祭りでした。





今回の月亭会は

月亭方正さん(山崎邦正)と月亭八光さんの二人会でした。

以前も書いたと思いますが、邦正さんは以外にお上手で

へたしたら、八光さんより上手いかも・・・・^^;

07281 001
※この画像は終わってからの画像です。


10年位前は邦正さんが嫌いでした。

でも、ある日

山崎邦正はピアノ習ったり、英会話習ったりして、芸の肥やし(?)にしている

と聞きました。

なるほど、努力してるんだと感心し、それ以来好意的に見るようになりました。











今回の落語も非常によかったです。

最初カミカミでしたが、最後はみんなが吸い込まれるように聞き入っていました。

この日は、邦正さんのご両親も見に来られていたそうです。

枕ではダウンタウンや東野さん、奥様などの話もされ、とてもおもしろかったです。

次回は八光さんも邦正さんも新しいネタを覚えてくるらしいので楽しみです。



// HOME //